043-202-5005

受付時間:平日9:00~17:00

Twitter

絵本紹介

協会おすすめの絵本をご紹介します

協会加盟園の先生が選んだおすすめの絵本をご紹介します。
お子様への絵本選びや、読み聞かせにぜひお役立てください。

  • 「まどのむこうの くだもの なあに?」

    出版社:福音館書店

    作:荒井 真紀 絵:

    価格:¥1,210(税別)

    ページ数:32

    くだものをじっくり見たことはありますか?この絵本では、開いた窓からくだものの表面や断面をのぞきます。
    イチゴのつぶつぶ、メロンの編み目、パイナップルのでこぼこ…
    細密に描かれたくだものの姿に驚嘆し、くだものの宇宙を感じる絵本です。

  • 「4・5・6さいの なぜなにSDGs」

    出版社:世界文化社

    作:監修:汐見 稔幸 絵:

    価格:¥1,600(税別)

    ページ数:44

    SDGsを子どもにどう伝えたらいいの?と思ったら読む本。
    「どうして残さず食べたほうがいいの?」「うみがめがゴミを食べちゃうって本当?」
    「電気が消えてしまったら?」など、子どもの生活の中での身近な疑問からSDGsの視点が身につきます。
    大人でも一見難しそうなテーマもイラストと写真で視覚的に伝わることが特徴。
    園で人気の月刊絵本の連載を書籍化。保育者さんオススメの一冊。

  • 「まよなかのトイレ」

    出版社:福音館書店

    作:まるやま あさこ 絵:

    価格:¥900(税別)

    ページ数:28

    ひとりでトイレに行くのは子どもには勇気のいること。ましてや真夜中に行くなんて!
    昼間は平気な場所でも、暗くなると何か出てきそう……。
    そんな、子どもの「身近な大冒険」を、あたたかく丁寧に描いたファンタジー絵本です。

  • 「こたつうし」

    出版社:世界文化社

    作:かわまた ねね 絵:長谷川 義史

    価格:¥1,300(税別)

    ページ数:24

    「こどもたち、ついにこたつの良さを知るときがきたようね……。
    さあ、入ってごらんなさい。」
    お母さんの背中にあるこたつに子ども達は興味津々。
    一頭、また一頭とこたつの中に入ります。
    ぽかぽかぬくぬく温かいこたつでは、家族の会話も広がります。
    親子の愛情を育んだり、こたつの良さを知るきっかけになる一冊です。
    だじゃれを含んだユーモア溢れるお話に、親子で楽しみながら読んでみてください。

  • 「ししにゃいとおしょうがつ」

    出版社:世界文化社

    作:澤野秋文 絵:澤野秋文

    価格:¥1,200(税別)

    ページ数:24

    お正月の我が家へ突然やってきた、謎の生き物「ししにゃい」。
    ぼくと家族は一緒におせちを食べたり、お正月あそびをし始めます。
    果たしてその驚きの正体とは・・・!?
    お正月の物語を楽しみつつ、迷路、福笑い、探し絵など
    あそべる要素が満載の絵本。

  • 「チョコのたね」

    出版社:フレーベル館

    作:Goma 絵:Goma

    価格:¥1,300(税別)

    ページ数:36

    へんてこパンやのねずみさんがお店がチョコパンだらけに! お客さんが来なくなって大ピンチのお店を救う、究極のレシピとは…?